ゴミくそ人生

浮世の憂さの棄てどころ

観自在菩薩・行深般若波羅蜜多時、照見五蘊皆空、度一切苦厄。舎利子。色不異空、空不異色、色即是空、空即是色。受・想・行・識・亦復如是。舎利子。是諸法空相、不生不滅、不垢不浄、不増不減。是故空中、無色、無受・想・行・識、無眼・耳・鼻・舌・身・意、無色・声・香・味・触・法。無眼界、乃至、無意識界。無無明・亦無無明尽、乃至、無老死、亦無老死尽。無苦・集・滅・道。無智、亦無得。以無所得故、菩提薩埵、依般若波羅蜜多故、心無罣礙、無罣礙故、無有恐怖、遠離・一切[注釈 6]・顛倒夢想、究竟涅槃。三世諸仏、依般若波羅蜜多故、得阿耨多羅三藐三菩提。故知、般若波羅蜜多、是大神呪、是大明呪、是無上呪、是無等等呪、能除一切苦、真実不虚。故説、般若波羅蜜多呪。 即説呪曰、羯諦羯諦、波羅羯諦、波羅僧羯諦、菩提薩婆訶。般若心経

ゴミくそ結婚するの巻

結婚しました。

 

昨年の話ですが。

奥様は同級生。

小学校からの長い付き合い。

腐れ縁。というほど親密でもなかったか。。。

ちなみに奥様バツイチ高校生の娘がひとり。

常々、友人から、お前は結婚とか家庭とか持ってはいけない人種だ。

そう言われて生きてきた。

自分でもそう思っていた。

ある意味で俺は責任感があるほうだと思う。

責任を背負わない責任である。

できないことはやらない。

だから失敗もしない。誰も傷つけない。

 

そういえば、、

男は結婚して一人前。と、むかしオヤジが言っていた。

そうだろか?昨今結婚しているほうが半人前である。

半人前が一人前のツラして家庭を持つ。

国や親の援助があって、なんとかやりくりしているのが大半である。

子育て支援子供手当て。はぁ?

無駄な税金つかってんじゃねえよハゲ。

 

40歳の中年が結婚してなにがめでたいのか。

披露宴なんて、できますかいな。みっともない。

ひっそりと入籍したが、人づてに聞いたのか、聞きつけた奴らからお祝いの言葉やご祝儀をそこそこもらった。これだけは心底感謝する。

 

そこそこ集まったご祝儀は俺がパチンコで溶かしたからもう無いけどな。

 

けど大丈夫。

 

夫婦財布は別々なので問題なしや。

姪っ子の習い事=ピアノ=

小学四年の姪っ子の話。

このガキがまだ小さかった頃、母親である妹から

 

『何か習い事させようと思うんだけど。』

と、相談されたことがある。

 

俺はそろばんとピアノを勧めた。

そろばん。俺は3桁以上の暗算ができない。それがコンプレックスでもある。

暗算ができるのは生きていくうえで非常に便利。という経験上からの勧め。

暗算ができない自分からしたらものすごいスキルのように思えてしかたないのだ。

 

計算など電卓使えばいいだろが。というが、暗算のほうが速いし、いつも電卓持ち歩くわけにはいかんだろ。

 

そしてピアノだが。こっちはとくに理由はなくテレビか雑誌かで習い事にピアノがいいと聞きかじっただけである。

 

 

つーかよ・・

そんなこと旦那に相談しろよ・・・

 

 

ともかく。

姪っ子はピアノを選んだのである。

 

ピアノか、、まあ悪くないんでない?

しかしだ、小汚い田舎者としては、よくよく考えてみたらピアノっていいとこのお嬢様の習い事という印象しかない。

 

はて、妹一家はというと、、、

俺が小銭がなく立て替えてもらったジュース代をいまだに請求してくる。

払わない俺も俺だが・・

 

妹の旦那は赴任先で急病を患い救急搬送されるも、入院費用の見積もりを見て、よほど病気より出費のほうが痛かったのだろうか治療もそこそこに逃げるように退院してきた。

 

そう。貧乏なのだ。彼らは。

そして小汚い。

 

ともあれ、金もないのに電子ピアノを買い与え、ピアノ教室に通うことになった。

ついこの前まで、ほんのすこしピアノが弾ける俺を見て、カズヤ君みたいに弾けるようになりたいといっていたのだが、、、

 

ガキの吸収力は想像をはるかに超え、みるみる上達してあっという間に抜き去られた。俺の前でピアノを弾いて見せ、どう?と、、

 

『まだまだ修行が足りんな。』

そう憎まれ口たたくのが精いっぱいだった。

 

俺はピアノを弾くのをやめた。

 

 つい先日、妹から連絡があり、、、

電子ピアノからアップライトピアノに買い変えた。という。

 

おいおいおいおい。

 

てきとうに弾いて楽しんでればええんやで。

習い事なんぞしょせん遊び程度でええんやで。

ピアニカでええんやで。

そう伝えたんだが、このピアノ教室、けっこうガチのようで、家でちゃんと練習しているか、その姿と音を動画にとって報告せねばならんみたいだ。

きちんと出来ていなければ親もろとも先生に叱られるらしい。

そしてさらに、上を目指すなら電子ピアノはダメだという。

性能も格段に良くなった現代の電子ピアノでもやはり所詮電子ピアノらしい。

弾くときの微妙なタッチや音が全然違うんだそうな。

というわけで、先のピアノ購入である。

 

なにかダマされているんではなかろうか。 

姪っ子たちはどこに向かっとるのか・・

 

身内を褒めるのもなんだが、正直、ピアノの腕は上手だと思う。

けれども、それは素人のガキにしてはの話であって。

プロになれるかといわれれば、とうてい無理だといわざるを得ない。

いいか?ピアノのプロ目指す奴なんぞ世の中掃いて捨てるほどおる。

しかもそいつらは毎日毎日、血ヘド吐きながら猛練習しとるのや。

そんなガチ勢に太刀打ちできるわけなかろう。

 

かるい気持ちで始めた習い事。

入った教室がよかったのか悪かったのか・・

転がりだした石ころはもう石ころではなくなっており、彼ら自身で止めることができなくなっている。

 

コンコルド効果である。

 

ある対象への金銭的・精神的・時間的投資をしつづけることが損失につながるとわかっているにもかかわらず、それまでの投資を惜しみ、投資がやめられない状態を指す

 

俺のパチンコ地獄とおんなじ。

 

今やめれば被害はこれ以上拡大しない。

今やめれば、、、今やめれば、、

 

その思いはのちに、、、

 

ア・ノ・ト・キ・・・

ヤ・メ・テ・オ・ケ・バ・

ヨ・カ・ッ・タ・・

に、変わる。

 

妹とはいえ、嫁に行き今ではもはや他人。俺が口出すこともないのだろうけど。

俺には明るい未来は見えない。

わかっているとも。俺みたいなやつが子供の可能性や才能の芽を摘むのだと。

 

スポットライトを浴びるごくごく少数の勝者のかげに死屍累々と横たわるおびただしい敗者が俺には見える。

そこに姪っ子がいると思うとぞっとする。

  

 

つーかよ・・

いらなくなった電子ピアノ・・

ちょうだいよ。

 

売ればいくらかになるだろ。

俺はその金でパチンコいってくるからよ。

酒の席で腕相撲する奴が嫌い

暑いですね。ビールがおいしいです。

 

さて、書くことがないけど。

飲み会でたまに居るチンパンジーの話。

 

宴もたけなわ、酒もそこそこまわってきて、話すネタが尽きてきたのかしらねぇけど、腕相撲やりだす猿がたまに居るのです。

 

あれは一体なんのつもりかね?

 

腕っぷし自慢ならオモテ出て喧嘩でもして来い。

そう思う。

 

あ、ウソです。

喧嘩はダメです。

 

とにかく、やってる猿どもは楽しかろうが、同席している俺は迷惑極まりない。

座布団とかイスとか、テーブルの上もとっ散らかるし、あげくの果てにはグラス倒して割ったりするじゃないか。

 

騒々しいんだよ。マジでやめてくんねぇかな。

 

勝って喜ぶ猿。負けて本気で悔しがる猿。

意味が分からんよ。ほんとうに。

 

いつもこう思う

その腕、折れてしまえ。と。

将棋は自分のアホさがよくわかる

藤井聡太四段の公式戦成績29連勝。

すごいですな。。。

 

テレビで誰かが言ってたんだけど。

こんなの、アニメや小説で主人公に設定したら編集者から怒られるレベルの無双状態。らしい。

 

言わんとしてることよくわかる(笑

たとえのうまい奴だなと思った。。。

 

巷では将棋が少しブームになってるみたいだが、ま、すぐに鎮静化するよ。

かなり頭を使いますし対局しても強い奴にはまず勝てない。

頼りは己の実力のみ。『運』というものが入る余地の極めて少ないゲーム。

もちろん課金アイテムとかないし復活大当たりとか無い。

多少覚えて強くなった気でいたら、格上にフルボッコ

 

なんだこれ勝てねぇ。つまんね。やーめた。

 

こんな具合でやめてくだろ。

 

頭脳はもちろん負けても負けても挑んでゆくメンタルも重要。

だいたいの者が格上の洗礼を受けてやめていくんだな。

 

会社の先輩に将棋が強い人がいる。

彼が介護の専門学校に通ってたころの研修の話。

デイサービスの老人施設を訪ね、老人たちに楽しんでもらおうと将棋の相手を引き受けたらしいんだけど。

 

先輩、老人相手にフルボッコ

 

次々となぎ倒していったらしい。見かねた指導員に呼び出されて

 

『キ、キミねぇ、少しは手加減しないと。。。』

 

そういわれたそうです。

 

俺この話好き(笑)

 

 

俺も少し将棋指せます。といいたいけど、、、

将棋を覚えるにつれ自分のアホさ加減が白日のもとに晒され、今では駒の動かし方くらいなら知ってます。と、言うに至る。

 

5メートル先に大きな穴がある。

まっすぐ行けば落ちますわな。

そのまま歩いてって落っこちる。

 

考えればどうなるかわかるのにそこを読み切れない。

アホだな俺は。毎回そう思う。

同じ駒を使って交互に指す、条件は相手と同じなのに何でここまで差がつくんだよチクショウめ。そういう気分になるから嫌なのだ。

 

 

 

さてと、、、

勝てるかもしれないという何の根拠もない自信がみなぎってきた。

 

何の話だ?

1週間程度のデータと呼ぶのもおこがましいスランプグラフや情報をもとに銀の球をはじいて参ります。

 

なるほど。

ハンドル握ってりゃいいだけ。

うん、こっちのほうが楽でいいや。

パチンコ依存症ですかね?

パチンコ依存症の診断チェックをした。

 

結果は、、、

 

パチンコ依存症の可能性が非常に高いです』
 
だとさ。
別に驚かない。
診断してる時点でだいたいわかる。
この項目にチェック入れるとまずいんだろうな。とかね。
 
生活に支障をきたさなくてもパチンコ依存症
かつては、手を付けてはいけないカネに手を付け、毎月毎月火の車だったが、今では自分としては自制しながらやっているつもりだ。
お小遣いの範囲で。
もちろん全部使い果たしてしまうが。
 
そして、、、
負けた時も勝ったときも、いつも思う。
もうこれで最後にしよう。
 
なのに気が付けば台の前に座ってハンドルを握ってる。
 
俺、今年でもう40歳だ。
いつまでもこんなことやっとる場合じゃない。
つねにそう思っている。
 
パチンコに興じる老人を見て思う。
残りすくない人生最後の楽しみってこれかよ。
 
人生、人それぞれ。
大きなお世話だと言われればそれまでだが。
 
そういう俺も若い奴から見たら
おっさん、いい歳して何やってんだw
そう思われてるんだろ。
 
心配するな若者よ。
おまえもじきに俺みたいになるから。
 
あー、嫌だ嫌だ。。

ゴミクソパチンコに行く

ああ疲れたよ。。。

今日、、、行ってしまいました。

どこに?って、パチンコに決まってますがな。

 

今日は珍しく勝ちましたが。

投資 16500

回収 38500

収支 +22000

 

甘デジをあっちこっちウロウロしながら少しずつ増やして持ち玉1万発超えたところでヤメました。

 

いつもなら乱射乱撃雨あられ全弾うち尽くすまでやるんだけども。

勝ってるうちにやめることができたから、我ながら上出来だ。

 

いや、アカンやんけ。

 

まともな生活がしたい。そのためには自分の決意や反省を日記に記すことで、自分自身を自律・自制しようという趣旨で始めたブログ。なのに。

 

2日目でさっそくパチンコ行っとるがな。

三日坊主にも劣るゴミクソですわ。

牛丼食って泣いた日

何年前になるだろうか。。

 

牛丼を食って泣いた。

 

食うに困ったとき、人の善意を受けて涙した。

人の愛情やそのやさしさに心を打たれ涙した。

 

 

のではない。

 

 

そんな美談ではない。

 

 

 

パチンコで負けたのである。

それも相当な額である。

 

パチンコ負けた帰り、ひとり牛丼をくっていたら、 

情けなくて情けなくて涙があふれたのである。

 

泣きながら晩飯食ったことありますか?

電気代をパチンコにつぎ込んで電気止められたことありますか?

俺はあるのだ。幾度となく。

 

そして決意するのである。

もうこんなクソみたいなことやめよう。と。

 

ところがどっこい。

のど元過ぎればなんとやら。

数日もたたぬうちに、気が付けばパチンコ屋。

俺は正真正銘のクズである。自他共に認めるゴミクソである。

 

人の決意など、なんと脆く儚いものか。

人は変われるというが、俺は多分、変われない部類の人間だと思う。

 

そうしてこのゴミはクソのような日々を死ぬまで続けるのだろう。

 

そしてまた、泣きながら牛丼を食うだろう。